アパレルの求人・転職情報に特化した、人気ブランド・ファッションビルの求人検索サイト - スーパーウーマン

アパレル業界求人・転職情報サイトのスーパーウーマン
アパレル業界転職求人情報サイト
アパレルアルバイトの求人サイト ガールズウーマン
ログイン トップページへ
派遣 求人
ホーム > アパレル業界専門職種辞典
アパレル業界専門職種辞典

VMD

インパクトや心理的側面に配慮した空間プロデューサー

  • 仕事内容
    • あまり聞いたことがない!!って人が多いかもしれないが、アパレル業界において、VMDはとても重要な職種なので覚えておこう。 VMDとはビジュアル マーチャンダイザー・デコレーターの略。お客様が売場に興味・関心を抱き、売場を回って、商品を選んで、理解して、買うシーンを想定した売場づくりを視覚的に行う。そして売上げUPを目指す。

      店内の印象を上げる
      VMDの仕事内容は、店の打ち出しプランに沿って、ショーウインドーや店内の演出スペースでディスプレイする「ウインドーデコレーター」、店や商品の主張を伝え、売るための手段として行う「セールスデコレーター」がある。

      MDに合わせた売場レイアウトの考案、改装工事の手配、新規出店のための売場作り、備品の考案など、店舗の印象を上げる。VMDの目的はいかに店内レイアウトを効率よく配置し、売上げを伸ばすこと。キレイに装飾することではないので間違えないように。

      なんとなくフラっと店内に入ってしまった!!なんてことが一度はあると思うが、それはまさにVMDの戦略の罠にまんまと引っかかったってコトなんです。
  • 採用について
    • 未経験・新卒の配属はほとんどない。

      1ファッションを徹底した勉強をする。
      まずは販売員からスタートして、シーズンの変動、モトベーションに合わせたディスプレイ、商品陳列など実戦を経験する。

      2演出技術の基本を勉強する。
      今は専門学校でもそんな教科がある。
      色彩心理学
      ライティング
      バランス感覚
      商売センス
      などの知識も必要。
  • この職業に向いている性格
    • “センス”は絶対!!
      店内を心理的、視覚的からプロデュースするため、感覚的なものは重要になってくる。いろんなことに興味がある人やファッションが好きな人、造形的なセンスのある人などはVMDに向いている。