アパレルの求人・転職情報に特化した、人気ブランド・ファッションビルの求人検索サイト - スーパーウーマン

アパレル業界求人・転職情報サイトのスーパーウーマン
アパレル業界転職求人情報サイト
アパレルアルバイトの求人サイト ガールズウーマン
ログイン トップページへ
派遣 求人
ホーム > アパレル業界専門職種辞典
アパレル業界専門職種辞典

MD

予算、市場市場、発注、展示会をこなす「いつ、何を、どれだけ」を決める推進者!!

  • 仕事内容
    • “MD”の正式名称は…
      Merchandiser(マーチャンダイザー)の略称。
      分かりやすく言うとマーチャンダイジング(商品化計画)を行う人。

      業界には2つのタイプがあって、1つはアパレル、素材メーカーといった物作り側のマーチャンダイザー。
      もう1つは量販店や百貨店といった小売店で商品の品揃えをするバイヤーに近い仕事のマーチャンダイザーがある。
      両方とも数字ベースをもって商品の品揃えをするのが特徴。

      効率の良さが命、MDの日常!
      MDの仕事内容は、まずはブランドごとに商品全体の組み立てを行う。
      具体的には、予算に対して月別、商品別にどんな服をどのくらい作ればいいのかを決定して、デザイナーとコーディネーターと連携して、型をつくりあげていく。展示会の構成、市場での展開、時期、プライスを考えながら納期までを見守り、ブランドの予算を上手く使いきれるように工夫していく。

      その他に打ち合わせや情報会、ミーティング、資料作成、商談、店頭回りなど効率良くこなしていく。

      MDは常にデザイナーと組んで、生地屋まわり、海外出張もある。今、何が消費者に求められているのかなど市場調査も大切な仕事だから、夜遅くまで働くことも。とってもハードな仕事だから現在のところ男性の方が割合が高め。
  • 採用について
    • MDの新卒採用度はほとんどない。
      多くの場合営業からMDになっていく。デザイナーでも数字に強くグローバルな視点をもっている人がMDになるケースがある。
  • この職業に向いている性格
    • 数字に強く几帳面な人にオススメ!
      MDに求められる人物は、商品の企画から店頭に並ぶまで、全ての工程に携わるから、様々な人との関わりが多い。そのためコミュニケーション力の高い人。また行動力があって、数字に強く広い視野をもってる人、几帳面な性格の人が向いてる。